2015年07月11日

グリル考

マツダがちょっと変。
SKYACTIVとか言い始めて、アテンザ、CX-5、デミオとなかなか良い感じの車が続いてきたけど、どうにもアテンザやCX-5の後期型からフロントグリルがおかしい。
CX-3もディーゼル1本で行く心意気は素敵だと思うけど、やっぱりグリルがおかしい。メッキ処理の横のラインが多すぎてまるでブラインド。
マツダ自身が「魂動デザイン」て言ってる一連のあの流れですが、ちょっと綻びを感じます。当初ほど上手い事行ってない気がする。

この違和感は、アウディが上下に馬鹿でかいグリルにし始めた時のものに性質が似てる。アウディの方が変だけど。
あれ以降、同じ会社でありながら明らかにVWの方が素敵なクルマ連発してるのと無関係とは思えないんです。

トヨタとか日産とか、デザインもクソもなくなってる会社もあるからアレなんですが…
マツダは真面目に作ってる感がプンプンなので、是非頑張って欲しいです。
posted by まんぐたん at 03:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分的にはスバルはもう話題にも挙がらない。
目玉商品ってなにが残ってるのかねぇ。

復刻版ランクルがブサカワイイ!!

Posted by かすにん at 2015年07月14日 07:10
スバル、かっこ悪いですね…
ランクルといえば、70もいいですけど40が最高。
Posted by まんぐたん at 2015年07月15日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422157885

この記事へのトラックバック